家賃と生活費のためにキャッシング

大学を卒業して2年になる25才男性です。
家賃の支払いのためにキャッシングしました。

私は東北出身で東京の大学に通うために、大学進学と同時に東京に出てきました。
私立の大学だったので学費もそれなりにかかる上、
東京で一人暮らしをするための仕送りをしてくれた親には感謝しています。

学生時代は卒業したら自立しなくては、親に申し訳が立たないなと日々考え、
大学に通いながらアルバイトに明け暮れる毎日でした。
卒業後は地元に帰って働くことも考えましたが、地元では思うような仕事ほぼなく、
東京でなんとか就職先をみつけました。
しかし、就職して1年が経過した時、会社が親会社に吸収合併となり、
それまで会社の体制がなくなってしまうことになり、悩んだ挙句退職することにしました。

再び地元に帰ることも考えました。しかしやはり仕事は東京のほうがまだ見つけやすいので、
とりあえず学生時代にアルバイトしていた会社でまたお世話になることにしました。
待遇は正社員ではなくアルバイトなので、就職していた1年間ほどは稼げませんが、
学生時代に3年間慣れ親しんだ仕事だったので、それほど苦にはなりませんでした。

そして半年後に、その会社も経営が思わしくない状況になり、
給料がひと月ほど遅れてしまうことになりました。会社の状況はよくわかっているので、
その1ヶ月を乗り切ればなんとかなることはわかっていましたが、
差し当たり家賃や生活費をなんとかしなければならず、途方にくれることになります。

アルバイトでも借りられるキャッシング業者

日々の食費は切り詰めればなんとかなりそうですが、家賃は期日までに払わなければなりません。
どこかで借りるしかないなあと思い、いろいろと調べてみると、
アルバイトでも借りることができるキャッシング業者の広告が目にとまりました。

よくよく読んでみると、スマホからの申し込みですぐに借りられるようだったので、
バイトが休みの日に、家賃分の8万円を借りようと申し込みしました。

1時間ぐらいで審査OKのメールが届きました。後で聞いた話ですが、
会社のほうに山崎さんという人から、電話があったそうです。
山崎さんという知り合いは居ないし、ちょうど申し込み直後ぐらいの時間だったので、
きっと在籍確認のための電話だったのかな?と思います。

借りた8万円で家賃を支払うことができて、
会社のほうも危機をなんとか乗り切ることができました。
返済は月々1万円づつ支払うことにして、無理なく返済できています。

余裕があったら多めに返済したいとも思っていましたが、
なかなかそうもいきませんでした。あと2回返済すると完済できる予定です。
一時はどうなってしまうのか、とても不安でしたがこれもまた人生経験かな?
とも思えるようになりました(笑)

今回はキャッシングのおかげでピンチを乗り切ることができました。
きちんと返済して、いざという時に頼りにできるようにしておきたいと考えています。